箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サムライで博多観戦

結果とダイジェストは見てたけど、全体を見てあらためて少し現実を認識した。
みんな、立ち止まらず戦っていて、最後の佐久間さんの言葉にもあったけど、三沢のよく言っていた言葉、『やるしかないんだ』と。
選手、関係者、博多のファン、みんなにありがとうと言いたい。
三沢…三沢がいたからこその、この素晴らしい人間関係だ。

潮崎があえてエルボーを使っていたのは知ってたけど、ジャンピングニーも使っていた。
三沢と、苦渋の思いでベルトを返上した秋山の気持ちを背負っているのがひしひしと伝わってきた。
博多を見ていて思った。
秋山や小橋がリングを降りる日も、遠くないうちに来るんだろうなと…あの二人もボロボロだから。
若い選手たちが、ほんとに頑張らなくちゃいけないし、その覚悟はちゃんと感じる。
森嶋、力皇、潮崎、谷口。
この四人あたりが四天王と呼ばれる、新たな時代を築いていくことが、ノアの未来にして鍵だと思う。
三沢も、ひとりじゃなかった。
小橋がいて、秋山がいて、田上と川田がいて。
そうしてあの熱狂の時代が、三沢の強さと象徴たりえたカリスマ性が作られたから。

そんな中でもやっぱり潮崎。
師匠小橋の逆水平、三沢のエルボー、秋山のジャンピングニー。
ノアの遺伝子を強く受け継いでいくんだと思う。
まだキャリア五年に満たない選手で、プレッシャーも重いはず。不甲斐ない試合もあるかもしれない。
だからこそ、見守っていく。

そのシオは新日で岡田を一蹴。
新日は岡田の成長を期待してか、対抗戦で岡田をよくぶつけてくる。
正直、今の段階では岡田に感じるものはない。
長身で190センチあるはずなんだけど、小橋と並んだ時、同じくらいしかなかった。多分190はないはず。
ただ、新日の選手はアマレスに染まりすぎてるけど、何もない状態なのはいいかも。
これからどうとでも化けられる。
小橋、森嶋、潮崎、この三人もアマレス経験なしの白紙状態から、素晴らしいレスラーに成長したから。

スギは後藤に勝ち。
後藤は新日じゃ珍しく無骨でいい選手だけど、昇天以外が何もない。
昇天に繋ぐまではエルボーとラリアットだけ。
ヘビーでも軽量の新日の中ではそれも通用するけど、スギはノアで最強のエルボーと最強のラリアットを体感してる。そしてスギはタフだ。
対抗戦でアドレナリンの出まくってるスギの勝ちは順当かな。
まぁ後藤はキャリアも浅いし、まだまだこれからだろうけど。
お互いに切磋琢磨して成長していけばいい。

そして、スギはタナのIWGPに挑戦。
正直、想像がつかない。
想像がつかないくらいドキドキするっていうんじゃなく、タナがスギの激しさについてこれるかどうか。
ハイフライでピンを取られるスギが想像できないんだよね。
森嶋のムーンサルト、リキのダイビングプレスを受けてるスギだから。
スギの殺伐な試合になったらタナの勝ちはないと思う。
タナもそれを承知でいつものペースを崩さないか、それともノアで苦い経験を踏んできたのをやり返すつもりでバチバチに付き合うか、それで変わるかな?
個人的には、スギが取って、中邑にリベンジをして欲しい。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/21(日) 19:00:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハヤトvsサスケを見て | ホーム | G+追悼特番>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/6-dc56114f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。