箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NOAH武道館

チケは取ってたけど、体調のことがあって行かなかった武道館。
G+は二日遅れの放送。


ぶっちゃけ、カード内容に不安があった。
外野の選手と、メインの彰俊。
まず武藤は相手と噛み合うってことがない選手だし(自分をいかに魅せるかの選手)、天龍はもう衰えてるし、彰俊は武道館のメインに相応しい試合ができるか。
シオと彰俊にはほんと深すぎる想いがあるとはいえ、彰俊はGHCレベルの試合だと辛いものがあるから。


予想通りな試合もあり、予想を裏切ってくれた試合もあり。
ていうか、その予想通りの試合以外は満足だった。


メイン。
彰俊は強かったよ。
いつもなら、真正面からただぶつかっていく熱い選手。
決め技はスイクルデスにデスブランドに、トップさえ喰えるものがある。
ただ、その決めに持ってくまでの過程が彰俊は弱い。流れを断ち切る技とかがない。
それが今回は、いつもは見せない厳しい蹴りでシオを苦しめてた。熱いはずの彰俊が、静かに激しかった。いろんな覚悟を感じた。
前半から終盤までは彰俊ペース。
ただ、シオは終盤にかなりの強さがある。
ラリアットに逆水平にムーンサルトにゴーフラッシャーに。どれをシャッフルしても怒涛の決めに繋げてくる。
もちろんそこに持ち込むまでの受けの強さ、気持ちの強さがシオのいいところ。
彰俊のバックドロップを1カウントで返したのはモリシもだったし、そこは彰俊への、三沢への、プロレスを見てる人への想いだと思う。それにしたってシオに放ったバックドロップは強烈だったけど。
そして終盤のシーソーゲームの中で明暗を分けたのが、エルボーとエメラルド。
だいぶ攻め込まれてたし、そんなの最初から狙ってできるものじゃないと思う。
シオのコメント通り、「咄嗟に出た」んだろう。
でもそれは偶然じゃなく、三沢への想いがあったからだと思う。
威力は本家に敵わなくても、気持ちのこもりまくったエルボーだった。
武道館のメインを締めるに相応しい試合だったよ。
シオも彰俊もありがとう。
彰俊はこの試合が終わったら引退しちゃうんじゃないか心配だった。
でも戦い続けることを決めたというか、宿命みたいに感じてるのかな。。
一生忘れられるわけがないだろうけど、少しずつでも彰俊の心が軽くなっていきますように。


セミ。
予想通りだった試合。
ぐだぐだもぐだぐだ。田上が衰えてるのはわかってたことだけど、それでも頑張ってたよ。秩父セメント、二度目の成功。
酷かったのは武藤。
武藤の衰えもわかってるけど、この人の場合はのらりくらり老獪さに活かしてる。
ただ今回は老獪っていうより、逃げてた。
試合前のコメントでは、「小橋のチョップを受けてみたい」なんて言ってたけど、ちょっと受けただけで場外に逃げる。
逃げたという印象を隠すためにイスなんか持ち上げてたけど、そんな狡さも腹が立った。もうその時点で小橋とは合わないのがわかった。
あと、もうひとつコメントで「三沢さんの追悼興行であることを忘れないで戦う」みたいなこと言ってたけど、それもやっぱり口先ばっか。
試合に負けといて花道を通って下がって、三沢にポーズを見せて、この人はほんと自分だけ目立ちゃいいんだなと。
試合はもう噛み合わないまま、小橋のラリアットが半端に当たったとこで終わり。
高山は今回は小橋のサポートに徹してて、漢だな~と思った。

「三沢さんのために」

小橋と高山のその想いが感じられたことだけが、この試合の感想。
武藤はもう来なくていいよ。
大阪も田上が捕まるんじゃないかなぁ…。


天龍。
書いた通り衰えが心配だったのと、それとマッチメイク。
天龍は小川とこた。
そして相手は森嶋健介中嶋。
実力差ありすぎでそー。
試合始まって、モリシひとりで三人倒せる勢いだった。それがわかったのか、モリシは最後のタッチまでコーナーに引っ込んでた。
天龍はモリシの色んな成長にびっくりしただろうねー。
さて、その天龍。
もはやタイツ姿を見せることもできなくて、ロングタイツ姿。
ここ数年はハッスルしかやってなかったのと、さらに重ねた年齢があるから仕方ない。
モリシにボコボコにされ、健介の逆水平を少し受けただけでタッチして。これ試合として成立すんの?という空気が。
でも途中からあの頑固親父の気合いが入ってきたね~。
健介との逆水平合戦は、8割方健介が押してた。
それでも打ち合う天龍の姿に感動した。
60近い人が現役バリバリのトップレスラーとやってるんだからね。すごいよ。
天龍のおかげで試合は盛り上がり。
武藤にも天龍くらいの根性あればいいんだけど、無理か。


秋山みのる杉浦ーKENTAリキよね。
秋山みのる杉浦が組むのは怖すぎだし、この三人とKENTAの絡みも楽しみだった。
ただ心配だったのはリキよね。あっちの三人の怖さに対応できるかどうか。
でも予想通り、試合は秋山たちとKENTAが盛り上げてた。
そして最後はスギがリキからアンクルでタップ。
あれはスギが見事だったとはいえ、リキは最近もう負けっぱなしだなぁ。
とりあえずこれで、でぃすおべがタッグ挑戦はなしね。
逆にスギはシングルいくかな?


前座のリーグ出場決定戦もよかった。

青木と論外。
論外がうまいのはわかってたし、さすがだとは思ったけど、論外にはリーグに出て欲しくなかった。
リーグには、ひとりくらいくせ者がいると面白い。優勝は難しくても、トップから白星を取っちゃうような。
論外はそのタイプなんだけど、せっかくの他団体枠の選手がそれじゃ勿体ないのと、玄藩が充分くせ者の役割してくれるだろうから。
青木が一瞬の閃光、丸め込みを切り返しての腕ひしぎで勝ち。
まだどっちが勝つかわからないレベルだから、ドキドキして面白かったよ。


玄藩と伊藤。
玄藩は面白い存在だから欠かせないとして、伊藤も成長のためにリーグ出て欲しかったけどね~。
最後はレフェリーを使っての急所蹴りからのランニング昇龍玄藩。
伊藤は急所蹴りに怒ってたけど、それより玄藩が伊藤の何手も先を読んでたことが勝因だよ。別にあそこで使ってたのが急所蹴りじゃなくても、終わってたよ。
そこは玄藩がトップレスラーだろうが誰だろうが、喧嘩売って激しい試合してきた経験。そして自分のスタイルを確立してること。
伊藤が思ってる以上に差はある。
玄藩はリーグ戦で何してくれるか楽しみだー。

昇龍玄藩を小橋とか小島が使ったらおそろしや。



今回もすてきんぐな興行でした。
最近はノアにハズレない。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 15:20:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム | NOAH名古屋>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/10/24(水) 18:02:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/02/10(日) 15:03:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/43-fb7bde28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。