箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NEO ミスジャッジ

真琴が中川からムーンサルト決めた時。
レフェリーは三つ叩いて、ゴングが鳴った。
三つ叩いたと同時に、アマンドラがレフェリーを場外からカウント妨害してた。
それがあってレフェリーはゴングを取り消して試合続行。
でも三つ叩いたのは確かだし、反則でカウント阻止した方が優先されるっておかしいだろ。
ナチュラルヒールレフェリー。
あたまきた。

真琴の成長は、今ひとつの上昇気流に乗ったかも。
相手がアマンドラだから、市来さんと同じく思いきり当たれるのもある。
それにしたって気迫が凄まじくて、蹴りの厳しさとか木村が驚きの表情見せてたくらい。
アホレフェリーのせいで負けたけど、今日は今までみたいな「頑張ったね」じゃなく、「もう勝てる」って感じだったよ。
あと、これは偶然かもだけど、真琴・風香・宮崎、このタッグはよかった。
急造タッグみたいだからアマンドラ有利に見られてたけど、宮崎がうまく二人をリードしてて。
そんで、真琴と風香はなんか打ち合わせしてたのかな?似てる技があるから?息が合ってた。


その前の試合。
三田さん引退カウントダウンマッチ。
JWP王者の春山を子供扱いだった。
でもトペが頭と頭でぶつかって、三田さん大流血。そこで試合ストップ。
流血は三田さんも経験いっぱいあるけど、意識飛んでたのがストップの原因っぽい。
一時的なことだといいな…11月に引退だから、もう時間少ないし。。
しかし三田さん強し。


よねちゃん、やったね。
どっかのヨネとは大違い。
夏樹とのハイスピードはアイスでも何度か見てたけど、ほんとに手が合う。
ただ、スピードではやっぱり夏樹が勝ってた。
それが逆に夏樹の敗因かも。
ハイスピードっていうベルトの名前を意識して、確かに夏樹は成長したと思う。
でもよねちゃんはスピードだけじゃなく、総合力でプロレスがうまいから。
スピードに縛られすぎなかったよねちゃんの勝利。
五冠いっちゃえー。
よねちゃんはいい意味で田舎っぽさがあって応援したくなる。


さくらと植松、実は初のシングル。
女子プロレス界で巧さを競ったら、この二人になると思う。プロレスの技術だけじゃなく、会場の空気の読み方とか。
期待通りの熟練された攻防だった。
でもやっぱりさくらが巧さ以上に勝ってたものがあると思う。
プロレス頭。
身も蓋もない言い方だと、センス。
最後の残り一秒の駆け引き、さくらのフェイントはもちろん、技をきっちり綺麗に決められるところがすごいんだよね。
マヒストラルの綺麗さは、ドラゴン校長にも勝るかも。


華名くりシングル。
いいバチバチなんだけどね。二人共に言えることが。
これだって自信のある決め技がない。
お互いそれだから単調な攻防になるけど、これが自分の流れ持ってる選手なら、読まれちゃうよー。
詰めの強さが出てくれば、二人ともトップにも食い込めると思う。


メイン。
田村様と奈苗。
ここまで来るまで、ほんと色んなストーリーがあった。
でも試合が始まれば、純粋にどっちが勝つかなーってわからないのがドキドキした。
個人的になぜか奈苗はそんなに好きでもなかったりする。
練習すごいしてるのはわかるし、意識の高さもわかるんだけど。相手次第で試合がおおざっぱになっちゃう。まぁそれは奈苗が頭ひとつ抜けてるからなんだろうけど。
そういった意味じゃ、田村様は奈苗が対等に戦えるいい相手。
しかしまぁ、田村様の頑丈なこと。
田村様といえば厳しい攻めが印象強いけど、自分的にすごいなと思うのは体幹の強さ。そんなに体大きくないのに、でかい相手に攻められても揺るがないんだよね。
終盤もナナラッカ、雪崩式ナナラッカを完璧に喰らったのにキックアウトしたし。
それで奈苗の手が尽きたのもある。
こういう限界を超えたマラソンマッチは、最後は無心の打撃戦が明暗分ける時が多い。
例をあげると三沢。
小さいモーションから強烈なエルボー出すから、それで流れを自分に引き寄せちゃう。
田村様もまさにそれ。
奈苗はラリアットで突っ込むけど、迎撃されるの恐れてどこか躊躇してた。
田村様はがつがつエルボー決めてた。
田村様の受けの強さと、流れを変えられるエルボーが大きかったかな。
試合後の二人が対象的だった。
ダメージでいったら、田村様もかなり技受けたからあるはずだけど、ピンピンしてた。こればっかりは体質。
逆に奈苗はもうぐったり。
肉体的なダメージはもとより、やっぱり田村様がペース掴んでたっぽい。
でもすごい試合だったよ。
しかし、奈苗で勝てなくて誰が田村様に勝てるだろ?京子くらいしか思い付かん。
若い世代なら、松本ひろよんに期待。
今年前半だと、奈苗と春山が女子プロ引っ張ってく感じだったけど、今日でちょっと様子が変わってきたかも。春山もそんな圧倒的な強さはないし。
来年は川崎もあるみたいだし、田村様が守り続けてたら里村とか来ないかなあ。


ミスジャッジとか三田さんのアクシデント差し引いても、いい興行でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/21(月) 02:57:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュニアリーグ | ホーム | 秋山とKENTAのデート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/40-5ea8f956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。