箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイス後楽園

はい、今日サムライで放送されるまでアイスの情報断ちしてた奴です。
いるかね自分以外に?
おはにゅメールがもっさり溜まってたよ。


DDT両国、ユニオン後楽園は個人的にびみょ~だった。
なんか、団体のらしさをうまく出せてなかった。
でもアイスはそれがよく出来てた。
ノア以外だと今のところ今年のベスト興行。
アイス好きでよかったよ。


真琴。
プロレスラーとしても人間としても、ほんとよく変わった。

「勝ったのはミラクルではなく、実力です…!」

ほんとその通り。
少しずつ少しずつ成長してはいたけど、今年あたりから特に伸びたと思う。
やっぱりリングができたのが大きいかな?
ジャーマン使うようになって、トップコーナーからの攻撃も増えて。
あともうひとつ。
何気に市来さんの存在が大きかったと思う。
容赦ない人だし、真琴にとっては憧れじゃなくベルトが目標だったから、遠慮なくぶつかれてた。
今回の試合も真琴の蹴りが綺麗に決まってた。
いつもだとちょっと遠慮して中途半端になってるから。
真琴は気付いてるかわからないけど、市来さんがベルト持ってたから成長が著しくなったと思うよ。
最後の決め技は、コブラクラッチ式のフィッシャーマン?
見た目は地味だけど、市来さんの腕が折れたってくらいだから強烈。
真琴に足りなかったものに決め技も気になってたから、これでますます成長してく気が。
これからNEOとかでも勝ちが増えてくんじゃないかな?
なんにせよ、ほんとにおめでとう。
デビューの頃から見てきたから、感慨深いものがありすぎ。
試合後のm田さんとのツーショットはいつもの真琴で面白かったけど(笑)


さくらと奈苗。
やっぱり、二人(そして田村さん)の経緯を踏まえて見る気持ちだった。
でも試合が始まれば、トップレスラー同士の戦いに引き込まれた。
さくらは、「自分はトップになれないからアイスを作った」って言ってるみたいだけど、そんなことない。
ノーパッションなだけで、充分すぎるくらいトップレスラーだよ。
小細工とかじゃないプロレスの巧さは女子プロでも一番じゃないかな?
動きに淀みがなくて、すべての技が綺麗。
今回の試合も、ほとんどさくらが試合作ってた。
前回の雪崩式前方回転エビ落としも、さくらから敢えて出してあげてた感じがした。落とし方も優しくして。
あれで奈苗の憑き物は落ちたと思う。
最後は体力の差と、決め技の差かな。
さくらは直下系の技を使わないから。
試合後の悔し涙に、やっぱりさくらはノーパッションじゃないことを、ひとりのトップレスラーであることを実感した。
よねちゃんと取ったタッグ、奈苗とのタッグ、まだまだ女子プロレス界はさくらを必要としてるよー。
そして後輩たちは、さくらについてきてよかったと思ってるはず。


舞ちゃんアイスで復活。
出戻りとか関係なし。純粋に嬉しい。
彼女のテンションに周りの人がついてけるか一瞬心配したけど、アイスはいろんなヒトがいるから大丈夫か(笑)
まだ感覚が戻ってないのか真琴に取られたけど、聖菜に厳しいドロップキック連発してたあたりに舞ちゃんの激しさを垣間見る。
舞ちゃんと夏樹がまた戦ったらすごいだろうなー。
これからのアイスの起爆剤になるのは間違いなし。
ちいちゃんの出番少なかったのが悲しかった。


つっかの身体能力とプロレスへの順応力はすごいなあ。
まだデビュー一年で、女子で三角蹴りとか場外ダイブ軽々と決められる人はなかなかいないよ。
紫雷妹とはいいライバルになりそう。


松本ひろよんを出してくれたのも嬉しかった。
最近はいろんな団体から引っ張りだこでなかなかアイスには上がれないけど、去年まではアイスの準メンバーだったからね。
相手の総合格闘家はよく知らんけど、松本ひろよんがボディアタックで迫ってきたの逃げようとしたのに、マジンガーZみたいなポーズのまま追っ掛けてく松本ひろよんにウケた。
なんか、あの総合格闘家はあんまり長続きしなさそう。
プロレス好きなわけでもなし、総合のスタイルをプロレスのリングでそのまま出すこともできないし。
逆に志田は自分のスタイル見つかってよかったね。


デスワーム(♀)の中の人は大変だ


なんであんなに不思議な人たちが集まるかね~アイスは。
プロレスの門戸を広くしたさくらならでは。
敷居を低くした分、最初はみんな確かに弱い。
でもすごく楽しそうにプロレスしてる。
そんなアイスの空気が大好きだ。
そして、そういう選手たちが成長してく姿を見てくのは感動する。
りほちゃんなんか、これから何年見守っていくことやら~。



アイスが終わった後にSアリ見てたんだけど、新日のダイジェストがやってて、試合の映像より選手のインタビューの長いこと長いこと。
そしてみんなうるさい。
なんかアイス見た後だと、いつもよりげんなりした。。


蝶野25周年、なんと豪華な。

小橋・蝶野・ムトー vs 秋山・小島・中西

蝶野とムトーが老いたとはいえ、最後は中西あたりからフィニッシュかな~。
ノアの武道館も、これくらいのタッグならよかったんだけどね。
しかし、やっぱり大森さんは入らなかったか。
入れるわけないか。。
控室が秋山と同室にならないように手配は済みましたか大森さん?

スポンサーサイト
  1. 2009/09/16(水) 03:12:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャンプ場プロレス | ホーム | 武道館ぬるい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/37-98f52a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。