箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モリシ モッチー

8.2
健介オフィス後楽園

サムライ観戦終了~。

青木はもう自信がついて堂々としてるね~。
逆に梶原はいいとこ見えん。
ワラビーの試合も見てるけど、ほんとにエースでいいのん?

楽しみにしてた勝彦とモッチー。
もう試合内容は言うことなし。
勝った勝彦はもちろんすごいけど、モッチーがね、勝彦より動けてるんだよね。
アラフォーとか関係ないから。
まだまだやってない相手いるし、ノアとも絡んで欲しいな。
モッチーの何がすごいって、蹴りだけじゃなくプロレス頭。
臨機応変にどんな状況にも対応できる。
勝彦のアンクルを切り返してアンクル、さらに切り返されたのを切り返して…あの攻防はKENTAと勝彦よりすごかった。
勝彦は成長してるのはいいとして、強烈な技をラーニングしてくのはちっと永田さん。

あとひとつ。
勝彦が場外でツイスター2喰らった後、どう見ても場外20カウント入ってたんだけど…いい試合だったからいっか~。


モリシ健介。
タッグパートナー同士だから遠慮が出るかと思ってた。特に気の優しいモリシ。
でも試合後のマイクでモリシが言ってた通り、「男と男の勝負」だったね~。ガチ。
モリシはあの体重だから、よく「自分の体重がダメージになる」とか言われるけど、そういう一般論はモリシに通じない。
まず受け身がうまいし、体が柔らかい。
それともうひとつ。
「攻められると動きが止まる」とも言われるモリシだけど、受けに意識を集中させてるんだよね。
その証拠に、この試合でも二発雪崩式ブレーンバスターを喰らって、むっくり起き上がってた。
かつては秋山のリストクラッチ喰らっても起き上がってきたし。リストクラッチ喰らって起き上がってきた選手はモリシしかいない。
ていうか、雪崩式ブレーンも普通みんな喰らった後動けないから。
今回の勝機はそんな受けのうまさと、去年のシングルにも増してうまくなった体の使い方。
あんなに余裕ない健介ひさびさに見た。
攻められれば苦しい、攻めても起き上がってくる…ほんとしんどかっただろうね~。
ヘビーらしいイイ試合だった。

タッグとしてはやっぱりモリシの遠慮が目立ったけど、これでほんとに絆が深まったんじゃないかな。


スギ、G1連敗。
無理に退院してきたんだろうな。。
そんな中、ノアでもモリシとのシングルが組まれたし、だいじょぶか??
中邑にリベンジできなかったのは悔しいな~。

逆に『なぜか』二連勝してる大森さん。
嫌な予感がするですよ大森さん?
あと1勝できるかなー。

バーナードが返してるのに3カウント入ってたり、アイアンフィンガー喰らった天山が首にコルセットみたいなのして担架で運ばれてたり、相変わらず新日は新日でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/09(日) 22:26:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スギの具合と相性 | ホーム | コバさん祭 汐留>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/22-53b2001c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。