箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コバさん祭 汐留

爽快ですっ。

わりといいカードで、わりとフツーな試合内容だった汐留。
メインのコバさんとシオの意地の張り合いが面白かった。
シオは逆水平の威力はもうコバさんと互角か抜いてるかもしれない。
ただ、コバさんもだし、健介もだけど、胸板の厚さはまだ敵わないから、打ち合いになると先に押されちゃう。

それでもシオがいいなって思うところは、たたずまい。
試合後も大人げないコバさんにチョップ喰らって(笑)、でも倒れながらも痛そうなそぶりじゃなく、この野郎って表情してるんだよね。
雰囲気とか間の取り方は大事。

コバさんなら打撃を受けながらも仁王立ちしたり、秋山なら強烈な投げを受けながらも痛そうにしないで落ち着いて白パンをくいっと上げてたり、何気ないとこにも強さの見せ方がある。
シオはそういうのが自然とできてるから、プロレス頭あるんだろうなー。

よく惜しいなと思うのはモリシ。
ミサイルキックとか喰らっても倒れない姿見せるのに、相手に合わせて軽い技で倒れてあげちゃったり。
そこはモリシの優しさと、あと、あんまり強すぎても試合成立しないから合わせてるんだと思うけどね。
でも、ほんとにもう遠慮しないで怪物になって欲しい気も。

ダメな例は米。
打撃をもらうとすぐに演技で目を泳がせる。
それ、相手に合わせてるようで、相手も攻めづらくなるからっ。見てるこっちもイライラするし。


今日の裏MVPはKENTA。
G+の生放送が残り時間少なくなってハラハラだったけど、終了間際に決めてくれた。
日テレスタッフは感謝しただろうねー。

ワーストは谷口。
それだけ期待してるからなんだけど…米レベルに簡単に負けてたらアカン。
技受けすぎなんだよね。
切り返しとか、頭使えてない。
それならそれで、ガチなスタイルもありだけど…それは好きじゃないしなぁ。
多聞教官に回転地獄五輪とデッドエンドもらえんだろうか?

金丸は「控え目でいきます」キャラをマスターしました。マイク苦手なの自覚して天然な感じになったのがいい。
最後のトルネード・パッケージホールドはうまいなあ。



健介オフィス。
モリシが健介にリベンジ。
モリシなら健介にも勝てて納得だけど、タッグでは健介が主導権握ってるから、遠慮しちゃうかなと思ってた。
でもちゃんと対角線に向かえば全力で戦えたみたいで安心。

ところで健介がモリシを「心の友」と言ったらしいけど、それはタケシと知っての言動ですか?

二人でGHCタッグ目指すのはいいとして、次期シリーズは彰俊がシングルに挑戦しそうだからバイソンは来ないかな?
となると、武道館あたりか。



岡林戴冠はやっ。
竹田イサミ陥落はやっ。

スポンサーサイト
  1. 2009/08/02(日) 20:55:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モリシ モッチー | ホーム | 玄藩祭 in 秋田SEM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/21-8bde08a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。