箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

選手会遠征→ぱたりこ

昨日はノアの選手会に行ってきた。
秋山と同じパニック障害を抱える自分には、公共の乗り物は鬼門。。そして人ゴミも。
三月の武道館参戦の時は無事だったのと、今回ばかりはディファに遠征したかったから気合い入れて行ってきた。

しかしまぁ、現実は第二試合あたりで冷や汗だらだら、吐き気がする、立ってられない座ってられない。

仕事明けで疲れてたのと、有明に着くまでが迷子になりまくって大変だったのと、なんかディファの雰囲気がダメだった。。
第一試合がオチのないお笑いの連続で、40分以上もやったから疲れたし。
いつもならアホみたいに声出しまくるけど、試合内容もディファの雰囲気も声出しづらかった。

第三試合でもう目眩がして限界だったけど、せっかく有明まで来たのと、必死に試合してる選手に申し訳なくて、終わるまでは我慢。
終わったら即ディファの玄関に直行して、ぐったり座ってた。。

自分が情けなかった。
大好きなプロレスでも体は言うこと聞いてくれなくて、三沢にも申し訳なくて…。
それからは帰ろうにも新幹線の時間まで長かったし、有明から東京駅まで行く気力もなかったし、携帯も電池切れてきてもう途方に暮れてた。

なぜかディファの玄関前は上半身裸の選手たちがいっぱい通りすぎる。
普段なら嬉しいけど、そんな余裕もなく。。
でもスギが通り掛かった時はちょうど自販機に向かって歩いてたから、「IWGP取ってください」と話し掛け。スギは「うん、取るよ」と気軽に答えてくれた。
モリシは試合後にインタビュー受けてて、しばらく自分の目の前に。
モリシ好きの自分には嬉しいけど、迷惑かけたくないからなるべく見ないように下を向いてぐったりしてた。
でもモリシは近寄って来て、こんな自分に「どうしたんですか?」と優しく話し掛けてくれた。
正直、一部の客や関係者らしき人たちからは怪しげに見られてた。
某ブースの人らはこっちを見て笑ってた。
そんな中、選手会長で忙しいモリシは話し掛けてくれて。嬉しかったよ。
嬉しいし、大好きだからこそ、手間かけさせたくなくて「少し具合悪いから休んでたんです、大丈夫です」と答えた。

あとは会場内に居たノア友達が心配してメールくれて、どれだけ心強かったことか。
こっちに来てくれるという話だったけど、見つけやすいようにロビーに戻って椅子でうなだれてた。
そしたら係員らしき人が自分の前をうろうろしてて、ついには「チケット見せてもらえませんか?」と。
腹立つけど、まぁそりゃ怪しいよなぁ…昔、同じく会場で倒れた時は、もっとひどいこと言われたし。

もうディファにも居場所なくて、仕方ないからフラフラと会場を出た。
あとはもう駅でへたり込んでたり、新幹線の中で体育座りしながら呼吸荒くしてたり、人目気にする余裕もなし。とりあえず生きて仙台に帰るのが最優先。
何とか帰って来て、あとはもう落とされたレスラーのごとくぐったり。。
サムライで即日放送だったから一応つけてはみたけど、第二試合のあたりで意識なくなってた。

あーあ。もう遠征しない方がいいのかね…。


今日選手会をあらためて見て。

第一試合。
いろんなネタが出るけどオチつかず。
結局みんな無理やり押さえ込み。
青木ひとりだけテンションが高かった。青木が退場になった時の会場の「え~」がすべて。


第二試合

モリシが明らかに彰俊を受け止めてた。
というか、たいていの試合、モリシは相手に合わせてるけど。あの体で暴走したらほんと最強だからなぁ。
最後のバックドロップは、「俺のを喰らっても斎藤さんは生きてる。斎藤さんは何も悪くないんだよ」ってメッセージを感じた。
試合後の「これからも一緒に頑張りましょう!」のマイクも、彰俊はノアの仲間なんだよって温かな心を感じた。ほんとイイヒトだ。
湿っぽく終わるだけじゃなく、「幻霜ポーク取ったぜ~」で笑かしてくれるし。
色んな意味で天然記念物。
モリシの試合を生で見れたのがほんとせめてもの救いだよ。


第三試合

スギはもともとジュニアだから、石森の動きにも対応できるんだよね。
逆に石森は今までならスギの殺伐さに対応できなかったと思う。
レスラーとして幅を広げたなー。


第四試合

まさお


第五試合

なんか最近普通にシオのいい試合ばっかり見てるけど、今年の始めまではまだ『これからの若手』だったんだよね。
短いキャリア、短いスパンでものすごい体験をしてて、それをちゃんと自分の糧にしてて、シオは素晴らしいプロレスラーだと思う。
KENTAも相変わらず全力投球でいいね。
それでもって蹴りを主体にしてるから、いやがおうでもバチバチになってくれる。


第六試合

三沢のスタイルを受け継いだコタに期待だったけど、まだリキの壁は厚かった。
でも、エルボー相当練習してきたんだろうな。いつもと違うのわかったよ。
まだまだこれからさー。



パンフのデザイン好き。
値段も500円だし、こういう客視点の工夫はいいね。
モリシ始め、みんなおつかれさま。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/06(月) 19:56:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノア新体制→ぐて… | ホーム | Sアリ モリシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://strnness.blog47.fc2.com/tb.php/12-b541ce14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。