箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

玄藩祭 in 秋田SEM

20090721172608
20090721172603
秋田行って来ました。
ほんとは20、21と泊まって見る予定だったけど、21日の終電が19時だということに直前でわかる。。試合開始19時だよっ。
……というわけで、チケ代は惜しいけど、昨日のSEMだけ観戦。
あと秋山トークショーも。

会場は秋田駅隣のデパートみたいなとこ?
そこのフロアにリング設営した感じだった。
ノアファンというより、ほとんどが通りすがりの秋田の人たち。
逆にそこに意義があったんだろうね~。
ただ、指定席は僅かで、あとは無料観戦だから、みんなごちゃごちゃしててちょっと見づらかった。


第一試合

玄藩 vs 大町マン

菊地がフツーに隣に居て、話ながら観戦。
大町マンはムキムキなボディービルでもやってるであろう選手。
はいもちろん太二です。最初からバレバレ。
地元の名物キャラらしい、『にゃっぱげ』ちゃんを引き連れての入場。
ちなみにそのにゃっぱげちゃん、先週はみちプロでサスケのセコンドに付いて、週プロにもでかでかと載っております。デビュー近し?

恒例の玄藩マイク~。

「秋田の田舎のミナサンこんにちわー。おいそこの変態仮面!おまえどう見たって石森だろ!……それより、おいそこのメス猫(にゃっぱげ)。今夜は俺とニャンニャンするか~?」

試合はやっぱりフツーに太二のスタイルのままで、619を喰らった玄藩が本部席に来てマイク。

「やっぱり石森じゃねーか!」

執拗にマスクを剥ごうとする玄藩。
なんかマスクに付いてた枝のアクセサリーが取れて、玄藩が「これいるか~」と客席に。
ちょうど目の前に飛んできて、おばちゃんゲット。
でもおばちゃん、その近くでひたすら大町マンに歓声送ってた子供にそれをプレゼント。
田舎の人は心があたたかいねぇ。
とか、ほほえましく見てたら、ダッシュでそれを回収に来る山本レフェリー。。山本さん、誰もそんなディテール求めてないからっ。
しかし山本レフェリーが中山レフェリーにそれを渡したのもつかの間、あっさり玄藩が大町マンのマスクを剥ぎ取り成功。
そのままマスクをかぶって、今度は玄藩が大町マンに。
太二は最初から正体バレバレだったから、そのまま試合。
最後は『スーパースター大町マンエルボー』って公式に書いてあるけど、フツーに太二のままデス。


第二試合

伊藤 vs ストロング

なんかいいとこなく伊藤負け。
谷口、青木、玄藩が伸びてる中、ちょっとスランプ?
リーグ戦で青木と当たらせればよかったんだけどね。負けてもいいジェラシーになっただろうし。でも別ブロック。
それより気になったのがストロング。
外人萌えな自分にしては、珍しくときめかなかった。
なんか、フツーだった。。


第三試合

青木 vs マルビン

んー、噛み合ってなかった。
青木がグラウンド、マルビンがルチャだから。
勢いかやっぱり青木の流れ。
ただグラウンドに固執しすぎて、その勢いがそんなに感じられなかった。
最後はもう青木が腕攻め連発したんだけど、極め切れない感じでドロー。
フィニッシュに至るまでの組み立てがまだまだかなぁ。


第四試合

潮崎 vs エディ

一番盛り上がったかな~~。
やっぱりシオはいいね。一見さんにも伝わるもの持ってるよ。
この二人、実はほぼ同期でノアの道場で汗を流した仲。
エディもジュニアにしては長身だから当たり負けしてなかったし、いい試合してたよ。
最後は豪腕からのゴーフラッシャー。
シオって、豪腕~ゴーフラッシャー~ムーンサルト~変形ゴーフラッシャー、最後色んな組み合わせにできるんだよね。
これは相手も読めないから強み。


メイン

森嶋・ブライアン vs 力皇・米

もちろんROH最強タッグを応援。
個人的に大好きな二人のタッグだし。
でもブライアンが意外にも期待ハズレだった。。
グラウンドで翻弄すれば圧倒できたろうに、なぜかグラウンドは一度だけ。
あとはリキに打撃戦挑んで、もちろん攻め込まれてた。
モリシはいつもの怪物モリシ。
まったく攻め込まれず、ひとりで二人を圧倒。
最後はモリシのウェスタン級のラリアットからバックドロップを米に決めて、勝ったと思ったんだけどね~。リキがカット。ブライアンは場外。。
無双でブライアン撃沈デシタ。

試合後は米がマイクを握ってイヤな予感がしたけど、玄藩に締めを託す。米にしてはナイス判断っ。

「ど~も。二代目大町マンです。今日は玄藩祭りに来てくれてありがとうございました。秋田の田舎モンども、明日もあるから来いよー!」

そこでリキがツッコミ入れて、「すんませんすんません」と逃げる玄藩。


「おい!これから売店で玄藩ポートレート売っから。ほんとは五千円だけどよ、今日は五百円で売ってやるよ!買いに来いよ! 秋田のかっぺども!」

いいね~玄藩のマイクは。今プロレス界で一番うまいと思うよ。
秋田のミナサン大笑いして喜んでたよ。


最近って試合後のファンサービス充実させてたのは知ってたけど、この日は会場の中に選手たち宿泊してたのと、こういう祭だからかな?
試合終わって一時間近くも売店とか会場でファンサービスしてたよ。
自分は、シオ、田上、菊地、志賀、彰俊、雅央、こたろー、玄藩(ポートレート買ったさっ)と話したりサインもらったり。
おばちゃんたちがシオにメロメロになってた。

菊地から仙台大会が10月にあることを聞き出し。しかも二連戦。
今年はまだ一回しか来てないから、仙台大会は減るのかって不安だった。よかったよかった。


いい興行でありましたー。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/21(火) 17:23:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEO後楽園中継

見終わり。
さくらと奈苗と田村様の女の友情と戦い。いいね~。
そんな中に挟まれた風香は、逆にプレッシャーなく自由にやれたのかも?一番動きがよかった。
個人的MVPは風香。
アイドルレスラーとか言われてるけど、普通に一人のレスラーとして強さを感じた。ほとんど一人で試合支配してたし。
蹴りと間接、止まることなく技が流れてていい感じ。

ジュニアは松本ひろよんが独走してて、中島と奥田が追うような展開だったけど、松本は成長した大畠に取られて、中島はトンズラして、奥田は微妙な存在になって、いろいろ図式が変わってきたなぁ。
風香はこれから。

真琴はリアルに辞めそうで不安だ。。
三田さんを継承するくらいの気持ちに変わっていってくれたらいいけど。
タッパあるからデスバレーも似合うはずなんだよね。
しかし真琴もほんと成長したなあ。

アイスはほんとに面白い人材輩出してる。
さくらのレスラーとしての華、人間としてのイイ感じの緩さ、それでいてプロデュースのうまさ、三沢も見たら好きになってたんじゃないかな。
三沢自身、全日辞めた後は、居酒屋でプロレスやるくらいに考えてたみたいだから。アイスみたいな空間は好きっぽい気がする。

さくらと奈苗の『限界の歌』が後楽園で聞けますように。
  1. 2009/07/16(木) 01:20:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛 逆十字

青木飯伏が二勝で早くもリーグ突破。
前回は青木が飯伏を「こうた!!」と呼ぶ熱愛ぶりを発揮してKENTA越え、今日は青木の飛び付き十字をこらえた玄藩に「こうた」が蹴りを浴びせての十字タップ。
連携とかはまだないかもだけど、愛があるから連携いいみたいだね。
二年連続でKENTA太二と金丸こたじゃアレだし、青木飯伏に期待っ。

秋山が地方でリストクラッチ勝利。
それだけ気合い乗ってるんだと思う。
そして周りの選手も、地方でも全力で戦ってるんだと思う。
大変だろうけどファンとしては嬉しいよ。

シオが、次の挑戦者で「意中の人がいる」「まだやったことがない相手」とのこと。
田上と彰俊くらいしか思い付かないな。
田上がやるとしたら、ほんとに最後のタイトル戦になるやも。
彰俊だとしたら、思いやってのことだろうなぁ。早く全力で戦えるように。
ヨネもやってない気がするけど、それだけは勘弁。タイトルに挑戦できる器じゃないし、やるとしたら地方でシングルやれば充分だよ。
シオとやる以前に、谷口もそろそろ越えられそうな気がするし。

ていうか、小橋の白に雅央が挑戦するみたいで。
ヨネは「毎日でも小橋の白に挑戦しようか」「付け狙っていく」とか言うだけ言って行動せず。。



プロレスじゃなくボクシングー。
穂積はまず歴代の日本人最強は間違いないとして、世界でもスーパーチャンピオンの器。
2、2、1、1ラウンドで連続KOって、世界でも希少な記録だよ。
パンチ力でごり押しするボクサーは長続きはしない。遅かれ早かれ攻略される。
穂積の場合、オフェンスとディフェンスが極上のバランスで、すべての攻防の中でカウンターを狙える。すごすぎ。
しかも某自己プロデュースのうまいチャンピオンと違って、強い相手としかやってないし。
昨日の相手はよく考えてたと思う。
アホなマスコミは「手数が少なかった」とか言ってるけど、下手に手を出せば穂積のカウンターの餌食だから、ガードをがっちり固めてた。逆にカウンターを狙ってた。
こういう時穂積はどうするかな~と思って見てたけど、心配するどころか想像以上。
そんなに手を出さないでじりじりプレッシャーかけて、左ストレートを餌に相手のパンチを誘ってカウンターの右フック。
考えることはできても、それを形にする、しかもまだ相手の動きに慣れてない1ラウンドからっていうのはもう神業。
カウンターのカウンター、クリスクロス。
ウィラポン戦でも使ってたけど、これできるのは穂積くらいだよ。
減量苦で多分次の10度目が終わったら階級上げるっぽいけど、それだけじゃなくベガスからもお声がかかりそうだねー。
もう夢のカードやりまくって、フィリピンのパッキャオ、インドネシアのジョン、ジャパンのホズミでアジア黄金時代をっ。

粟生はまったく期待してなかった。
自分の中じゃ若手時代にもうひどい試合を見てたから。
とにかく、粟生はアマチュアのボクサー。
ディフェンスはいいけど、オフェンスがまるでダメ。
特に接近戦になると、プロ以下のチキンになってしまう。
自分から手が出せないし、手を出せばディフェンスが崩れるんだろうな。
レベルは高くても、ハートに響かないボクサー。
ロハスは強かったけど、勝てない相手じゃなかったよ。意外と打たれ弱かった。

その点、高山は負けたけどすごい根性だった。
バレロの強打もろに浴びて、よく最後まで打ち合ったなぁ。
粟生にもこの半分でも根性あれば。。

穂積の後を追う安定王者としては、亀海に期待。
  1. 2009/07/15(水) 22:26:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼き流星と黄金の星

ノア開幕、後楽園。G+生観戦。
18時半の男が消えた中、12時から。

田上社長の挨拶で、三沢の追悼大会発表されもうした。
9月27日、ノアひさびさの武道館。
あ~行きたい行かねば…。
動けるかわからないこの体が悔しい。。


第一、第二と、菊ちゃんの存在がのほほんとした田上の雰囲気を現してる感じだった。
玄藩は毎度毎度キチョーな体験してるよ(笑)


小橋・谷口 vs シオ・スギ

今日のベストバウト。
スギが相変わらず強烈な闘争心で、小橋がまぢで怒りモードになって、シオと谷口君もいい感じで。
唯一注文をつけるとしたら、日テレ。
よくあるけど、フィニッシュシーンの時に場外戦映してるKYっぷり。
あと、谷口のいいジャーマンもアングル悪くて。
ジャーマンの時は横からにしておくれ。


セミは健斗頑張った。
身長的にこれからヘビーに転向するだろうこと、こたが首か肩を痛めたことを差し引いても、二年目で立派。
今回のリーグ戦、誰かからピン取りそうだね。


メイン

KENTA・太二 vs 青木・飯伏


個人的にも、客の反応見ても、期待してるのは青木飯伏。
青木はそろそろノアでも結果出さないとね。
でも実際の試合は、フィニッシュ以外は四人の中で一番目立ってなかった。捕まってた。
気合いは伝わるんだけど、関節使いだから気迫が乗りにくいし、タッグだからカットされちゃうんだよね。青木はスギと経歴も強気な性格も似てるし、なんか打撃覚えたら怖くなりそうなんだけど。
飯伏はそんな青木をよくサポートしてた。
青木でよかったのは、アサルトポイント。
フィニッシュホールドでありながら、なかなかお目にかかれない技。
溜めて溜めて最後に使おうとするから、追い込めるような相手にしか決まらない。
G1でも相手がみんな先輩だったから、一発も決められる時がなかった。
今日は中盤で出し惜しみせずKENTAに決めたのが大きい。
なりふり構わない姿勢に、勝ちへの気持ちが伝わってきた。
腕ひしぎはね、正直今だから先輩を超えれば盛り上がるけど、いずれ青木が下の選手とやることになったら、盛り上がらなくなると思う。
とはいえ、流れの中でしっかり決められるのは、やっぱりグラウンドがしっかりしてないと出来ないこと。
中邑なんかは新日が総合系に傾いてた時期に推された選手だから、今でもずるずるそんな流れを引きずってるけど(変わろうとしてるのはわかる)、青木は腕ひしぎ決着は今のうちだけにして欲しいな。

ナニハトモアレ

新制ノアを若い二人が締めてくれて、明るい未来を感じたよ。
青木飯伏ありがとうっ。



最近ハードヒットやらなくなったけど、いずれこの二人のシングル、ハードヒットで見たい。

TAKAと東郷ともやって欲しいなあー。
プロレス的なグラウンドをその体で感じて欲しい。
  1. 2009/07/12(日) 15:25:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スギのギンギンな夏

じーわんー


Aブロック
棚橋
真壁
矢野
バーナード
田中
大森
他団体枠選手

Bブロック
杉浦
中邑
後藤
天山
永田
中西
飯塚


まずは


よかったね大森さん…


大森さんがトンズラした後、秋山とスギの攻防の中でこんなのあったな~。

秋山「くされアックスボンバー!!」

スギ「(喰らってもすぐ起き上がって)そんなん効くかー!!」

大森さんが見てたらガクブルだったよ。。
スギと当たらなくてほんとよかったね!


Bブロックがおっさんの集まりになってるのは置いといて、怨敵中邑だけは制裁しないとスギの気が済まんでしょー。
パンチにガチな関節やってくれたんだからね。中邑にはもう総合モードでいいよスギ様。

後藤にはリベンジされそうな流れだけど、容赦しなさるな。
予選を決めようとする時が危険。なんか考えてくるだろうから。後藤は絶対ノア見てるから。丸藤の時間差ラリアットをいち早くラーニングしてたからねー。
あとは個人的に永田さんには負けんで欲しい。
調子に乗らせるとまたノアに上がるとか言うからっ。
いややー。



他団体枠が秋山か高山だったら旅館に帰ろう大森さん…

  1. 2009/07/10(金) 16:50:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大日の底力

6.29後楽園、サムライで観戦。
大日の後楽園の盛り上がりは、もうメジャーも敵わない。
まぁでも「しょせんデスマッチだろ」とかメジャーの人は言いそうだけど、デスマッチ以外も成長してきたのが大日の恐ろしいところ。

伊東がバケたあたりからかな。デスマッチとプロレスが融合されて変わってきたのは。
凄まじい戦いを繰り返してきて、見てる人の心を響かせてきた。
デスマッチ以外では、関本が活躍して。

そして、そんな彼らを見てた世代が、今大日に集まって来てる。
岡林、石川晋也、河上。
ハッキリ言って、メジャー以上にいい若手たちが去年一気にデビューした。

岡林はデビュー一年で関本に肉薄する強烈な存在感。
フィニッシュの『ゴーレムスプラッシュ』はよく名付けたもんで、ほんとゴーレムみたい。
メジャーの若手でも、パワーだけなら岡林にはまず敵わないでそー。
自衛隊出身みたいだけど、谷口と青木とは面識あるのかな??
谷口とは是非やって欲しいなぁ。
谷口も今成長してるし、決めの強さでまだ何とか勝てるだろうけど。
新日は岡田とかまず勝てない気が。

石川晋也はデビューの頃からエルボーとドロップキックがズバ抜けてよかった。
三沢以来のエルボーの使い手が出てきたなと思ってた。
今となっては、ノアじゃなく大日にそんな選手が出てきたのが悔しいけど。。
石川はまだまだ線が細いけど、これで体とキャリアが出てきたらイイ選手になるよー。
青タイツといい、ガンガン行く感じがなんか若い頃の秋山みたい。


なんかね~、メジャーの人に大日見て欲しいわほんと。
ライガーは最近関本とやって、終始圧倒されて何とか丸め込んだけど、関本認めてたしね。
今回の後楽園の関本と岡林みたいな試合なんか、メジャーの若手でできるかといったらできないと思う。
潮崎と谷口が近い感じかな?


思うのは、ノアの補欠組。
志賀はハッスル、多聞はKとかバチバチに出てるけど、他の選手も自分に合った場所を考えて自己プロデュースして欲しい。
大日だと、橋君が合うと思う。
男臭い無骨な世界で、みんな実力も伯仲してて、体格もそんなに差がない。
橋君はちょうどいいと思うんだけどな。
デスマッチじゃなくてもいいけど、デスマッチで吹っ切れてバケた選手たくさんいるし。今の伊東なんか、ほんと昔からすると想像つかんかった。

川畑も大日向け。星野と顔も体格も技も似てる。。ただ年齢的にアレかね~。

泉田は…ないっ。

小川は動く気なしねハイハイ。


そういえばSEMってもうやらんのかね。
SEM経由でインディーといろんな繋がりできて欲しかった。
  1. 2009/07/09(木) 22:35:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想だよ妄想だよ

もうさ


7.12 後楽園

百田光雄 引退試合

百田光雄 vs 田上明


ロッキーのテーマで百田入場。
仁義なき戦いで田上入場。
ガウンを脱いだ田上の姿は

ムキムキマッチョ

百田を秒殺して、ハーレーで去る田上。
百田さん号泣。「俺が間違ってたよ田上!」と叫んだ百田さんは有明海にトペ。そこに漁獲船で引き上げに来る田上。「ももさん、オレ練習するからよ~辞めるとかいうなよ~」。
めでたしめでたし。

というわけで三四郎さん、和田さんを田上に紹介してやってけれ。映像製作は坂井さんよろすく。



…はぁ。
  1. 2009/07/09(木) 09:08:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノア新体制→ぐて…

扁桃腺が腫れてるとかで、40度を越えてぐったり。。
これからは遠征するのにほんと命懸け。


田上社長。
あの人の気質からして断ると思ってたけど、三沢夫人からの説得とかで快諾したとか。
漢だね、田上。
なんか、三沢と田上が二人で飲んでる姿が目に浮かんだ。

人望は問題ないけど、決断力はどうかな?っていう田上。
でも、小橋と丸藤が副社長で、モリシが取締役に居るからバランスが取れてると思う。
秋山は仕事に体調に、いろいろ大変なんだろうな。。



百田辞表。


すごいね、こんな時に。
三沢のこと、ノアのことより、立場とか利益が大切なんだろうなこの人は。
この人が辞めて付いてくのは何人か古参で想像できるけど、どうぞどうぞ。若返りにはちょうどいいよ。
自分で興行打てるとか言ってるみたいだけど、そんなに人望あると思ってるのかな。
そうだ、長州と新団体作っちゃおうっ。
大森さん、チャンスだよー。……一年持たないだろうけど。
  1. 2009/07/08(水) 06:07:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

選手会遠征→ぱたりこ

昨日はノアの選手会に行ってきた。
秋山と同じパニック障害を抱える自分には、公共の乗り物は鬼門。。そして人ゴミも。
三月の武道館参戦の時は無事だったのと、今回ばかりはディファに遠征したかったから気合い入れて行ってきた。

しかしまぁ、現実は第二試合あたりで冷や汗だらだら、吐き気がする、立ってられない座ってられない。

仕事明けで疲れてたのと、有明に着くまでが迷子になりまくって大変だったのと、なんかディファの雰囲気がダメだった。。
第一試合がオチのないお笑いの連続で、40分以上もやったから疲れたし。
いつもならアホみたいに声出しまくるけど、試合内容もディファの雰囲気も声出しづらかった。

第三試合でもう目眩がして限界だったけど、せっかく有明まで来たのと、必死に試合してる選手に申し訳なくて、終わるまでは我慢。
終わったら即ディファの玄関に直行して、ぐったり座ってた。。

自分が情けなかった。
大好きなプロレスでも体は言うこと聞いてくれなくて、三沢にも申し訳なくて…。
それからは帰ろうにも新幹線の時間まで長かったし、有明から東京駅まで行く気力もなかったし、携帯も電池切れてきてもう途方に暮れてた。

なぜかディファの玄関前は上半身裸の選手たちがいっぱい通りすぎる。
普段なら嬉しいけど、そんな余裕もなく。。
でもスギが通り掛かった時はちょうど自販機に向かって歩いてたから、「IWGP取ってください」と話し掛け。スギは「うん、取るよ」と気軽に答えてくれた。
モリシは試合後にインタビュー受けてて、しばらく自分の目の前に。
モリシ好きの自分には嬉しいけど、迷惑かけたくないからなるべく見ないように下を向いてぐったりしてた。
でもモリシは近寄って来て、こんな自分に「どうしたんですか?」と優しく話し掛けてくれた。
正直、一部の客や関係者らしき人たちからは怪しげに見られてた。
某ブースの人らはこっちを見て笑ってた。
そんな中、選手会長で忙しいモリシは話し掛けてくれて。嬉しかったよ。
嬉しいし、大好きだからこそ、手間かけさせたくなくて「少し具合悪いから休んでたんです、大丈夫です」と答えた。

あとは会場内に居たノア友達が心配してメールくれて、どれだけ心強かったことか。
こっちに来てくれるという話だったけど、見つけやすいようにロビーに戻って椅子でうなだれてた。
そしたら係員らしき人が自分の前をうろうろしてて、ついには「チケット見せてもらえませんか?」と。
腹立つけど、まぁそりゃ怪しいよなぁ…昔、同じく会場で倒れた時は、もっとひどいこと言われたし。

もうディファにも居場所なくて、仕方ないからフラフラと会場を出た。
あとはもう駅でへたり込んでたり、新幹線の中で体育座りしながら呼吸荒くしてたり、人目気にする余裕もなし。とりあえず生きて仙台に帰るのが最優先。
何とか帰って来て、あとはもう落とされたレスラーのごとくぐったり。。
サムライで即日放送だったから一応つけてはみたけど、第二試合のあたりで意識なくなってた。

あーあ。もう遠征しない方がいいのかね…。


今日選手会をあらためて見て。

第一試合。
いろんなネタが出るけどオチつかず。
結局みんな無理やり押さえ込み。
青木ひとりだけテンションが高かった。青木が退場になった時の会場の「え~」がすべて。


第二試合

モリシが明らかに彰俊を受け止めてた。
というか、たいていの試合、モリシは相手に合わせてるけど。あの体で暴走したらほんと最強だからなぁ。
最後のバックドロップは、「俺のを喰らっても斎藤さんは生きてる。斎藤さんは何も悪くないんだよ」ってメッセージを感じた。
試合後の「これからも一緒に頑張りましょう!」のマイクも、彰俊はノアの仲間なんだよって温かな心を感じた。ほんとイイヒトだ。
湿っぽく終わるだけじゃなく、「幻霜ポーク取ったぜ~」で笑かしてくれるし。
色んな意味で天然記念物。
モリシの試合を生で見れたのがほんとせめてもの救いだよ。


第三試合

スギはもともとジュニアだから、石森の動きにも対応できるんだよね。
逆に石森は今までならスギの殺伐さに対応できなかったと思う。
レスラーとして幅を広げたなー。


第四試合

まさお


第五試合

なんか最近普通にシオのいい試合ばっかり見てるけど、今年の始めまではまだ『これからの若手』だったんだよね。
短いキャリア、短いスパンでものすごい体験をしてて、それをちゃんと自分の糧にしてて、シオは素晴らしいプロレスラーだと思う。
KENTAも相変わらず全力投球でいいね。
それでもって蹴りを主体にしてるから、いやがおうでもバチバチになってくれる。


第六試合

三沢のスタイルを受け継いだコタに期待だったけど、まだリキの壁は厚かった。
でも、エルボー相当練習してきたんだろうな。いつもと違うのわかったよ。
まだまだこれからさー。



パンフのデザイン好き。
値段も500円だし、こういう客視点の工夫はいいね。
モリシ始め、みんなおつかれさま。
  1. 2009/07/06(月) 19:56:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sアリ モリシ

今日のSアリはモリシが司会。助手に蒼き流星。

モリシは相変わらずの天然記念物っぷり。
すべての挙動に癒される~。

そんなモリシがでぃすおべに一言。

「悪いことやりたいのか、何がやりたいのかわかんない」

ズバリ核心をついてくれもうした。
三沢にも秋山にも週プロにも結成当初から似たようなことを言われ、毒のない天然モリシにまで言われ。
あの二人、特に米は言い訳の達人だから、また得意の「~までは変わる」とか言いそうだけど、今のノアにハンパなものは要らない。そんな余裕はない。
カード組む人は遠慮しないで、頑張ってる人を優遇して欲しいな。
ただでさえ今は出れない選手もいるんだから。


来月の秋田大会で秋山のトークショーがあるから参戦するやも。
しかしそのトークショーに出てくる『にゃっぱげ』なるマスコット。
どう見てもにゃんまげそのまんまだし、名前がもうパクってること自白してる。。
色んな意味で面白そうなトークショー。
  1. 2009/07/01(水) 23:24:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ですおべ散る

モリシ健介に案の定負けた上、相変わらずグダグダだったようで。
結果も残せず、内容も残せず、ファンからの指示もなく、レスラーやマスコミからもダメ出しされ。
しかし本人らはそこで奮起することもなく、勘違い発言連発。余裕かませる立場じゃないだろうに。。

秋山と小橋が助け舟を出してくれたけど、その秋山は欠場。
ていうか、秋山がリキにチャンスを与えた時点でもっと暴れるべきだったんだけど、『個人闘争』とか得意の勘違いしちゃったし。
こうなるとこの二人が目立つにはベルトを取るしかないわけだけど、今回タッグタイトルに照準を合わせてるモリシ健介に負けてそれも夢の彼方…。

正直、米はどーでもいい。
モリシとタッグタイトル取った時から勘違いしてるけど、米自身はトップファイターでも若手の有望株でもないから。
米自身があげた結果は、佐野からタッグでピン取っただけ。
あとはもう、ジュニアの丸藤に二連敗、KENTAにも負けてるし。
バイソン、ダグ、多聞にもタッグで取られてる。
モリシが居たからベルトが持てただけ。
実力ないことは別に構わない。
そこでちゃんと自覚して一生懸命上を目指したり、もしくは自分に合った戦場を探したりすればいいわけで。
だけど米は、上から目線でコメントするばかりになった。

リキは最近こそトップ戦線で負けが混んでるけど、やっぱり自力は底知れない。
まだ成長していいはずだし、上昇思考もある。
ただ組んだ相手がまずかった。。
このままじゃ、ますます活躍の場を失っていってしまう。
早く米と離れて、ひとりでも上を目指して欲しい。

ヒールとして確立した金丸こた玄藩にとっても、ハンパ者の二人はかえって足手まといだろうし、でぃすおべは百害あって一利もない。


飯伏が怪我で欠場…。
ノアのリーグには間に合うみたいだけど、肝心のDDTトーナメントは棄権になった。
DDT、インディー各団体、ノア、新日と、引っ張り凧で怪我だらけなのに頑張ってきたからな…。
悔しいとは思うし、自分としても両国のメインに上がって欲しかった。
でも休んで欲しいくらい頑張ってたし、ホッとしてたりもする。
ノアのリーグも激しいだろうし、両国とキャンプ場が終わったらまた少しゆっくりさせて欲しいな。
  1. 2009/07/01(水) 00:01:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。