箱舟の民

ノアを中心にプロレスを語ったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NOAH武道館

チケは取ってたけど、体調のことがあって行かなかった武道館。
G+は二日遅れの放送。


ぶっちゃけ、カード内容に不安があった。
外野の選手と、メインの彰俊。
まず武藤は相手と噛み合うってことがない選手だし(自分をいかに魅せるかの選手)、天龍はもう衰えてるし、彰俊は武道館のメインに相応しい試合ができるか。
シオと彰俊にはほんと深すぎる想いがあるとはいえ、彰俊はGHCレベルの試合だと辛いものがあるから。


予想通りな試合もあり、予想を裏切ってくれた試合もあり。
ていうか、その予想通りの試合以外は満足だった。


メイン。
彰俊は強かったよ。
いつもなら、真正面からただぶつかっていく熱い選手。
決め技はスイクルデスにデスブランドに、トップさえ喰えるものがある。
ただ、その決めに持ってくまでの過程が彰俊は弱い。流れを断ち切る技とかがない。
それが今回は、いつもは見せない厳しい蹴りでシオを苦しめてた。熱いはずの彰俊が、静かに激しかった。いろんな覚悟を感じた。
前半から終盤までは彰俊ペース。
ただ、シオは終盤にかなりの強さがある。
ラリアットに逆水平にムーンサルトにゴーフラッシャーに。どれをシャッフルしても怒涛の決めに繋げてくる。
もちろんそこに持ち込むまでの受けの強さ、気持ちの強さがシオのいいところ。
彰俊のバックドロップを1カウントで返したのはモリシもだったし、そこは彰俊への、三沢への、プロレスを見てる人への想いだと思う。それにしたってシオに放ったバックドロップは強烈だったけど。
そして終盤のシーソーゲームの中で明暗を分けたのが、エルボーとエメラルド。
だいぶ攻め込まれてたし、そんなの最初から狙ってできるものじゃないと思う。
シオのコメント通り、「咄嗟に出た」んだろう。
でもそれは偶然じゃなく、三沢への想いがあったからだと思う。
威力は本家に敵わなくても、気持ちのこもりまくったエルボーだった。
武道館のメインを締めるに相応しい試合だったよ。
シオも彰俊もありがとう。
彰俊はこの試合が終わったら引退しちゃうんじゃないか心配だった。
でも戦い続けることを決めたというか、宿命みたいに感じてるのかな。。
一生忘れられるわけがないだろうけど、少しずつでも彰俊の心が軽くなっていきますように。


セミ。
予想通りだった試合。
ぐだぐだもぐだぐだ。田上が衰えてるのはわかってたことだけど、それでも頑張ってたよ。秩父セメント、二度目の成功。
酷かったのは武藤。
武藤の衰えもわかってるけど、この人の場合はのらりくらり老獪さに活かしてる。
ただ今回は老獪っていうより、逃げてた。
試合前のコメントでは、「小橋のチョップを受けてみたい」なんて言ってたけど、ちょっと受けただけで場外に逃げる。
逃げたという印象を隠すためにイスなんか持ち上げてたけど、そんな狡さも腹が立った。もうその時点で小橋とは合わないのがわかった。
あと、もうひとつコメントで「三沢さんの追悼興行であることを忘れないで戦う」みたいなこと言ってたけど、それもやっぱり口先ばっか。
試合に負けといて花道を通って下がって、三沢にポーズを見せて、この人はほんと自分だけ目立ちゃいいんだなと。
試合はもう噛み合わないまま、小橋のラリアットが半端に当たったとこで終わり。
高山は今回は小橋のサポートに徹してて、漢だな~と思った。

「三沢さんのために」

小橋と高山のその想いが感じられたことだけが、この試合の感想。
武藤はもう来なくていいよ。
大阪も田上が捕まるんじゃないかなぁ…。


天龍。
書いた通り衰えが心配だったのと、それとマッチメイク。
天龍は小川とこた。
そして相手は森嶋健介中嶋。
実力差ありすぎでそー。
試合始まって、モリシひとりで三人倒せる勢いだった。それがわかったのか、モリシは最後のタッチまでコーナーに引っ込んでた。
天龍はモリシの色んな成長にびっくりしただろうねー。
さて、その天龍。
もはやタイツ姿を見せることもできなくて、ロングタイツ姿。
ここ数年はハッスルしかやってなかったのと、さらに重ねた年齢があるから仕方ない。
モリシにボコボコにされ、健介の逆水平を少し受けただけでタッチして。これ試合として成立すんの?という空気が。
でも途中からあの頑固親父の気合いが入ってきたね~。
健介との逆水平合戦は、8割方健介が押してた。
それでも打ち合う天龍の姿に感動した。
60近い人が現役バリバリのトップレスラーとやってるんだからね。すごいよ。
天龍のおかげで試合は盛り上がり。
武藤にも天龍くらいの根性あればいいんだけど、無理か。


秋山みのる杉浦ーKENTAリキよね。
秋山みのる杉浦が組むのは怖すぎだし、この三人とKENTAの絡みも楽しみだった。
ただ心配だったのはリキよね。あっちの三人の怖さに対応できるかどうか。
でも予想通り、試合は秋山たちとKENTAが盛り上げてた。
そして最後はスギがリキからアンクルでタップ。
あれはスギが見事だったとはいえ、リキは最近もう負けっぱなしだなぁ。
とりあえずこれで、でぃすおべがタッグ挑戦はなしね。
逆にスギはシングルいくかな?


前座のリーグ出場決定戦もよかった。

青木と論外。
論外がうまいのはわかってたし、さすがだとは思ったけど、論外にはリーグに出て欲しくなかった。
リーグには、ひとりくらいくせ者がいると面白い。優勝は難しくても、トップから白星を取っちゃうような。
論外はそのタイプなんだけど、せっかくの他団体枠の選手がそれじゃ勿体ないのと、玄藩が充分くせ者の役割してくれるだろうから。
青木が一瞬の閃光、丸め込みを切り返しての腕ひしぎで勝ち。
まだどっちが勝つかわからないレベルだから、ドキドキして面白かったよ。


玄藩と伊藤。
玄藩は面白い存在だから欠かせないとして、伊藤も成長のためにリーグ出て欲しかったけどね~。
最後はレフェリーを使っての急所蹴りからのランニング昇龍玄藩。
伊藤は急所蹴りに怒ってたけど、それより玄藩が伊藤の何手も先を読んでたことが勝因だよ。別にあそこで使ってたのが急所蹴りじゃなくても、終わってたよ。
そこは玄藩がトップレスラーだろうが誰だろうが、喧嘩売って激しい試合してきた経験。そして自分のスタイルを確立してること。
伊藤が思ってる以上に差はある。
玄藩はリーグ戦で何してくれるか楽しみだー。

昇龍玄藩を小橋とか小島が使ったらおそろしや。



今回もすてきんぐな興行でした。
最近はノアにハズレない。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 15:20:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NOAH名古屋

個人的に武道館より楽しみだった名古屋大会。
カード次第で、ノアだけで充分楽しくなるから。


小橋秋山田上小川
vs
シオスギリキ米

豪華すぎる8人タッグ。
ノアの8人タッグなんて、バーニング、スターネス、WAVEでやってたくらい。
それがトップレスラーが集まると新鮮だねえ。

小橋とシオは毎回熱い。
どっちかがフォール取られてもおかしくない攻防してる。
維持の張り合いもあるし、お互い楽しいんだろうね。
今回もお互いのコーナーで、二人が一番目立ってた。

秋山とスギも熱い。
秋山は相手の活かし方わかってるからね。スギとやる時は、絶対最初はレスリングの攻防見せる。そういえば、スギがデビューする時に「アマレスの動き見せていけ」ってアピールしたのは秋山だっけ。今のスギがあるのは秋山のアドバイスが大きいと思う。

気になったのは、リキ。
この豪華な試合の中で、明るく楽しくプロレスしてた。
違うだろと。
試合後のコメントで「小橋は終わり」とか言ってたけど、試合ではなんにもアピールできてない。
試合決めたのだって、スギの執念のアンクルだったし。
場外でいつもと同じくお祭りラリアットしようとしたリキを迎撃した秋山の気持ちがよくわかる。
「そういう試合じゃないだろ」と。

次に世代闘争的な試合やるとしたら、

小橋秋山高山
vs
森嶋潮崎杉浦

こんな感じがいいな。


ジュニアシングル。
KENTAの腕を巡る一連の決着戦。
青木の勝ちを期待して楽しみだったし、この二人なら激しい試合になるのぎゅんぎゅん感じてた。
青木の腕攻めはほんとお見事。
カシンに代わる腕殺しの名手が生まれたね~。
KENTAも余裕はそんなになかったと思う。
ただ、一連の前哨戦が長かったのと、青木が秘密兵器の変形腕ひしぎを前哨戦で使っちゃってたこと。
青木はどんな動きからも、二手三手先まで腕攻めで繋げてくる。
それを読むのも大変なのに、あの変形腕ひしぎは決まったらもう抜けられない。
青木もそれがわかってるから、自信持ってたんだと思う。
それをKENTAは研究してきたね~。
決まったら抜けられないから、決まる前に丸め込みで切り返してた。
口ではイロイロ言ってるけど、ナメてなんかいなかったんだよね。
あとはやっぱり怒った時のガチ蹴り。
最後のgo2も強烈だったけど、その前のガチなハイキックで意識飛ばしてた。
最近、投げに代わって危険な打撃が増えてる気が。
まぁ今回のは色んな経緯があったのと、強い青木に経緯を表したんだろうけど。
いい試合だったっ。
青木もあと少しだよ。
ジュニアリーグの出場決定戦は青木から直訴したとか。
で、健斗が体調不良で欠場で(大丈夫か?)、論外とやることに。
いらんー論外いらんー。
本人はトラディショナルなレスリングのつもりらしいけど、大石と旭の方がトラディショナルな上にオリジナルだから。
絶対青木に勝って欲しい。
……そういや、閃光7番は??


GHCタッグ。
みんなの想いがこもったベルト。
試合後の彰俊のインタビューで思い出した。
そういえば、三沢に限らず、GHCタッグはしょっちゅう怪我人出てたんだっけ…。
そしてGHCタッグは、トップと中堅が組むような戦いが多かった。残念だけど名勝負は少ない。
そこに来て、森嶋健介って強烈なタッグが誕生した。小橋秋山も復活しつつある。
多分、今回のGHCタッグはこれからの分水嶺になると思ってた。
パワーファイター四人で、みんな動けて、30分越えたのに集中できたねー。
穴は意外にもバイソン。
段々とスタミナが切れてきたのと、攻められると泣き顔になってきて。外人のパワーファイターって、受けに回ると精神的に脆い選手が多い。あのベイダーでさえ、三沢と戦ってる時は泣き顔になってたし。
モリシの存在が規格外で、力負けしちゃったねえ。
チームワークは彰俊バイソンの方が上のようで、モリシと健介はお互いの力を信頼してるからこそ、無駄に多く合体攻撃はしてないように見えた。それでも数少ない合体攻撃は強烈すぎ。
でも、あのスーパーパワーコンビを苦しめたんだから、彰俊もバイソンもよくやったよ。気持ちが伝わってきた。
こちらもいい試合デシタ。


また地方でいいカード組まれますやうに。



モリシの頼りがいのあるお言葉

「やる気のない人は置いてくしかない」
  1. 2009/09/26(土) 21:29:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュニアリーグ

いよいよノアにもシングルのリーグ。
ジュニアは若い選手多いからね。
ヘビーでやったら、ノアの場合タダじゃ済まんだろうから…。

10人で2ブロック制。
で、他団体枠と外人枠をひとつずつ。
そうなるとノアから8人になるわけだけど、青木と健斗、玄藩と伊藤は枠を争ってシングルが組まれた。
青木はシングルもタッグも挑戦してるのに、なぜゆえ正規メンバーに入れないのん?太二も青木にタッグで取られたばっかなんだけど。
残り六人で考えると、

KENTA
勝彦
金丸
こた
太二
マルビン

これでぴったり。
おそらく、小川と菊地が入る余地はなし。小川は入る気すらなし。
ていうか、勝彦と健斗が他団体であることは見事にスルーされることでせう。

青木と玄藩は入って欲しいなあ。
できれば伊藤も。
若手には経験積んで欲しいよ。
マルビンは会場は盛り上げるけど、成長が止まってるからいらないやも。

外人枠はROHからだろうけど、悲しいかな、ブライアンはWWEに。。
ブリスコ兄弟はタッグ屋。
そうなると、エディかリチャーズかな?
どっちが来ても嬉しい。

他団体枠。
ノアとの繋がりを考えると、飯伏の可能性高いかな~。
ジュニアはインディーの方が宝庫だから、新日全日じゃありませぬように。
個人的に挙げたらキリないけど挙げる。


HARASHIMA
サスケ
東郷
TAKA
テイオー
カズ(全日か
CIMA
モッチー
大石真翔
旭詩織
ハヤト
拳王
竹田
イサミ
円華


石川晋也


誰が来てもようこそ。
HARASHIMAは今無冠だし、彼が仕切り直すにも、ノアにとって新鮮味出すにも、いいんじゃないかな。
ノアの会場で「きたえてるからだー」やりたいっ。

でも具体的に予想すると、飯伏か、新日の誰かか、全日ならKAIあたりっぽい。
それなら飯伏がいいな。
KENTA、勝彦とのシングルなんて、プロレス界の宝だよ。
青木ともシングルやりたがってたしね。


なんとなく、こたが優勝しそうな気が。
優勝した人が次期挑戦者だろうし、今のスタイルのこたは後押しされそう。
甲虫様はシングル取ったけど、こたはまだだからねん。



まさかまたゼニーが足りなくて菊ちゃんに頼まないだろうな…
  1. 2009/09/25(金) 03:48:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEO ミスジャッジ

真琴が中川からムーンサルト決めた時。
レフェリーは三つ叩いて、ゴングが鳴った。
三つ叩いたと同時に、アマンドラがレフェリーを場外からカウント妨害してた。
それがあってレフェリーはゴングを取り消して試合続行。
でも三つ叩いたのは確かだし、反則でカウント阻止した方が優先されるっておかしいだろ。
ナチュラルヒールレフェリー。
あたまきた。

真琴の成長は、今ひとつの上昇気流に乗ったかも。
相手がアマンドラだから、市来さんと同じく思いきり当たれるのもある。
それにしたって気迫が凄まじくて、蹴りの厳しさとか木村が驚きの表情見せてたくらい。
アホレフェリーのせいで負けたけど、今日は今までみたいな「頑張ったね」じゃなく、「もう勝てる」って感じだったよ。
あと、これは偶然かもだけど、真琴・風香・宮崎、このタッグはよかった。
急造タッグみたいだからアマンドラ有利に見られてたけど、宮崎がうまく二人をリードしてて。
そんで、真琴と風香はなんか打ち合わせしてたのかな?似てる技があるから?息が合ってた。


その前の試合。
三田さん引退カウントダウンマッチ。
JWP王者の春山を子供扱いだった。
でもトペが頭と頭でぶつかって、三田さん大流血。そこで試合ストップ。
流血は三田さんも経験いっぱいあるけど、意識飛んでたのがストップの原因っぽい。
一時的なことだといいな…11月に引退だから、もう時間少ないし。。
しかし三田さん強し。


よねちゃん、やったね。
どっかのヨネとは大違い。
夏樹とのハイスピードはアイスでも何度か見てたけど、ほんとに手が合う。
ただ、スピードではやっぱり夏樹が勝ってた。
それが逆に夏樹の敗因かも。
ハイスピードっていうベルトの名前を意識して、確かに夏樹は成長したと思う。
でもよねちゃんはスピードだけじゃなく、総合力でプロレスがうまいから。
スピードに縛られすぎなかったよねちゃんの勝利。
五冠いっちゃえー。
よねちゃんはいい意味で田舎っぽさがあって応援したくなる。


さくらと植松、実は初のシングル。
女子プロレス界で巧さを競ったら、この二人になると思う。プロレスの技術だけじゃなく、会場の空気の読み方とか。
期待通りの熟練された攻防だった。
でもやっぱりさくらが巧さ以上に勝ってたものがあると思う。
プロレス頭。
身も蓋もない言い方だと、センス。
最後の残り一秒の駆け引き、さくらのフェイントはもちろん、技をきっちり綺麗に決められるところがすごいんだよね。
マヒストラルの綺麗さは、ドラゴン校長にも勝るかも。


華名くりシングル。
いいバチバチなんだけどね。二人共に言えることが。
これだって自信のある決め技がない。
お互いそれだから単調な攻防になるけど、これが自分の流れ持ってる選手なら、読まれちゃうよー。
詰めの強さが出てくれば、二人ともトップにも食い込めると思う。


メイン。
田村様と奈苗。
ここまで来るまで、ほんと色んなストーリーがあった。
でも試合が始まれば、純粋にどっちが勝つかなーってわからないのがドキドキした。
個人的になぜか奈苗はそんなに好きでもなかったりする。
練習すごいしてるのはわかるし、意識の高さもわかるんだけど。相手次第で試合がおおざっぱになっちゃう。まぁそれは奈苗が頭ひとつ抜けてるからなんだろうけど。
そういった意味じゃ、田村様は奈苗が対等に戦えるいい相手。
しかしまぁ、田村様の頑丈なこと。
田村様といえば厳しい攻めが印象強いけど、自分的にすごいなと思うのは体幹の強さ。そんなに体大きくないのに、でかい相手に攻められても揺るがないんだよね。
終盤もナナラッカ、雪崩式ナナラッカを完璧に喰らったのにキックアウトしたし。
それで奈苗の手が尽きたのもある。
こういう限界を超えたマラソンマッチは、最後は無心の打撃戦が明暗分ける時が多い。
例をあげると三沢。
小さいモーションから強烈なエルボー出すから、それで流れを自分に引き寄せちゃう。
田村様もまさにそれ。
奈苗はラリアットで突っ込むけど、迎撃されるの恐れてどこか躊躇してた。
田村様はがつがつエルボー決めてた。
田村様の受けの強さと、流れを変えられるエルボーが大きかったかな。
試合後の二人が対象的だった。
ダメージでいったら、田村様もかなり技受けたからあるはずだけど、ピンピンしてた。こればっかりは体質。
逆に奈苗はもうぐったり。
肉体的なダメージはもとより、やっぱり田村様がペース掴んでたっぽい。
でもすごい試合だったよ。
しかし、奈苗で勝てなくて誰が田村様に勝てるだろ?京子くらいしか思い付かん。
若い世代なら、松本ひろよんに期待。
今年前半だと、奈苗と春山が女子プロ引っ張ってく感じだったけど、今日でちょっと様子が変わってきたかも。春山もそんな圧倒的な強さはないし。
来年は川崎もあるみたいだし、田村様が守り続けてたら里村とか来ないかなあ。


ミスジャッジとか三田さんのアクシデント差し引いても、いい興行でした。
  1. 2009/09/21(月) 02:57:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋山とKENTAのデート

大阪に向けてKENTAが日記に書いたわけだけど、秋山がすぐに反応。


「USJで待ってる」


最強ツンデレ同士の急展開。
実現したら誰も近寄れない絶対零度間違いなし。
映像班と週プロしくよろー。

大阪は秋山がKENTAをお姫様抱っこして入場してきますやうに




……余計仲悪くなってる可能性ありありだけど
  1. 2009/09/20(日) 23:08:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。